ワンフーについて

「答えはNO」だと思いませんか?自然の中で、食べることができるのは、自分より小さな生き物です。小さな鳥やウサギなどを食べていたでしょう。
人間でも、「日本人は元々肉食ではないから魚や米・野菜中心の食事が体に合っている。」と言われるように、元来体に合った食事=健康のために良いという考え方ができます。
だからワンフーは、自然の中で獲ることのできた、小動物の肉や植物・果物などを使用しています。特に “ウサギ肉”は、高たんぱく・低カロリー・低コレステロールでアレルギー物質も少なく、必須アミノ酸を多く含む食材。
また“りんご”は食物繊維・リンゴ酸・クエン酸が豊富。
元来の食事を考え抜くと、体に良いことたっぷりな原材料になりました。

 たんぱく質は筋肉だけでなく、皮膚・血液・内臓・骨・毛など体のあらゆる部分の組織をつくり、免疫物質などをつくる材料でもあります。つまり、生きていること自体が「たんぱく質」で支えられているのです。生命維持・健康・若さなど心身の様々な働きに深く関わるものです。また一部のたんぱく質は常に分解され、食べたたんぱく質と合わせて、つくり直されています。たんぱく質の材料には、体の中でつくることができないもの(必須アミノ酸)もあるため、毎日食べ物から補給しなくてはならないのです。

体内(血液中)の中性脂肪やコレステロールが増えすぎても、ふつう痛くも痒くもないため放置してしまうことが多いようです。普段から、肥満にならないように注意し、低脂肪・低コレステロールで繊維質の豊富な食事を与え、カロリーコントロールなどの食事管理や適度な運動をすることが大切なのです。

たんぱく質が大事とはいえ、やみくもにとれば良いというものではありません。同じたんぱく質でも、食材によって〝内容〟が違います。たんぱく質は、体内で合成できない数種類(ヒトは9種類、ワンちゃんは10種類、ネコちゃんは11種類とされています)の「必須アミノ酸」と、合成できる11種類の「非必須アミノ酸」が組み合わさったもの。このアミノ酸のバランスは食材ごとに異なります。例えば、必須アミノ酸が極端に不足しているたんぱく質は、せっかく摂取しても、体内で十分活用されません。しっかりと必須アミノ酸を含んだ食材を摂取することが大事なのです。
「答えはNO」だと思いませんか?自然の中で、食べることができるのは、自分より小さな生き物です。小さな鳥やウサギなどを食べていたでしょう。
人間でも、「日本人は元々肉食ではないから魚や米・野菜中心の食事が体に合っている。」と言われるように、元来体に合った食事=健康のために良いという考え方ができます。
だからワンフーは、自然の中で獲ることのできた、小動物の肉や植物・果物などを使用しています。特に “ウサギ肉”は、高たんぱく・低カロリー・低コレステロールでアレルギー物質も少なく、必須アミノ酸を多く含む食材。
また“りんご”は食物繊維・リンゴ酸・クエン酸が豊富。
元来の食事を考え抜くと、体に良いことたっぷりな原材料になりました。

ワンフーはワンちゃんやネコちゃんが自然の中で獲ることのできた、小動物の肉や植物・果物など自然なものだけを使用。人工の保存料・着色料はもちろん、人工香料や調味料、余分な油分も一切カットしています。 だからワンフーのフードの香りを嗅いでいただくと、とても自然な素材そのままの香りがします。