ワンフーについて

成長期には、丈夫な体格や骨格を作るために、成犬期に比べたんぱく質・ビタミン・ミネラル類などが多く必要になります。ワンフーのパピー・キティを選びましょう。子犬生後40~60日以降、3ヶ月くらいまでの幼犬・幼猫には、ぬるま湯か水で柔らかくして与えて下さい。

生後40日頃からフードと温水を混ぜて粥状にしたものを利用します。慣れさせて徐々に水分を少なくしていきます。
この時期は体が小さく、一度にたくさんの食事を食べることができないワンちゃん・ネコちゃんが多いです。1日あたりの食事量を4~5回くらいに分けて与えましょう。
生後4~5ヶ月を過ぎると成長も徐々に緩やかになり食事量も少なめになります。この頃から、1日の食事回数も徐々に減らしていきます。

妊娠後期はフードを20%多く、授乳中の母体には通常の2~3倍を与えるようにしましょう。また、授乳期には幼犬・幼猫用のフードを与えることをおすすめします。

成長期には、丈夫な体格や骨格を作るために、成犬期に比べたんぱく質・ビタミン・ミネラル類などが多く必要になります。ワンフーのパピー・キティを選びましょう。子犬生後40~60日以降、3ヶ月くらいまでの幼犬・幼猫には、ぬるま湯か水で柔らかくして与えて下さい。

ワンちゃんやネコちゃんは、野生で生きていた頃には群れで生活していました。食い溜めができる遺伝子を持っているため、2~3日程度食べなくても問題はありません。食べないときはすぐに食器ごと取り上げて、次の食事までおやつも控えてください。(間食は与えないのが理想です。)
ワンちゃんやネコちゃんが幼い場合や、高年齢の場合はフードが固くて噛み辛い場合もあります。フードの中心に芯が残るぐらいの固さに水分で柔らかくして食べやすくしてあげてください。
ワンフー「グルメシリーズ」は、単におやつとしての利用だけでなく、ドライフードに混ぜることによって“食欲がない時”“薬を飲ませたいとき”“夏バテ対策”など、様々なシーンで活躍する便利な使い方ができます。