ワンフーについて

wanfoo誕生秘話

自然豊かな土地で育てている犬たちが・・・

私、河本弘文は、30年来ジャーマン・シェパードと共に暮らし、日本警察犬協会のシェパード歴代チャンピオンを数多く育ててきました。長い間犬と共に生活し、現在も楽しい犬との生活を送っています。
共に住んでいるのは鳥取県米子の大山と呼ばれる山のふもと、広々とした自然に恵まれた大地。犬のかわいさ・優しさに包まれ、家族同様にかけがえのない命として考え、ブリーダーとして愛犬たちにはこの豊かで広々とした環境こそが必要だと思っていたのです。
ところが、ある時、大事に育てている犬の何匹かが、体調不良になってしまうことがあったのです。

原因はフードにあるのでは!?

「自然豊かな環境なのになぜ?なんでこんな事が起こるんだ!?」わたしは考えました。原因はなんなのか?十分なケアをしてきたハズなのに!!・・・運動のさせ方・世話の仕方・・・そして『与えていた餌』。
「人間に飼われてもいなかった昔は、もっとこの子たちの体は強かったんじゃないか?」「自然の中で犬や猫たちは元来何を食べていたのだろう?」考えに考えました。

この考えを基に、自らフードの研究・開発へ!!

そこで一念発起、自分で犬にも猫にも良質な「食べ物(フード)」を作ろうと考えました。その中で
①犬猫が元来食べていただろう小動物(鳥・ウサギ)、米やその他の雑穀など、
人間でも安全な無添加・無着色のものを使おう。

人間も、日本人なら元々肉食の文化ではなく魚介類や雑穀が主食ですから、内臓の構造からみても肉食よりも、魚介類や雑穀を食べていた方が健康に良いと言われています。
②生き物が本来自然の中で行っていた食事による健康法を取り入れよう。
自然の中では自分で体調を整えるために食べていた『天然の健康食材』があるハズ!!
と考え、様々な研究をしたのです。『天然健康食材』は、健康食材の歴史がある中国で十分にリサーチを重ね、中国吉林省にある長春農牧大学動物科技学院、宏聯生態動物食品研究所のもとで研究に研究を重ねました。

たどり着いたスローフード「ワンフー」

こうして、考えに考え、研究に研究を重ねた末に『ワンフー』は生まれました。自身の経験から考えても、永く、健康に、大切な家族と暮らすためにベストな“スローフード”として自信を持ってお勧めします。